タイ【バンコク】の風俗情報ウェブマガジンぷにぷにタイランド。

2015.07.24 お出かけ

カンチャナブリーに行ってきた【風俗もちょっとだけ】

ka_i
 

急に始まった編集部ブログ。1回目ぐらいはちゃんと書かないといけないので、ちょっと前に行ったカンチャナブリーのことについて書こうかなと思います!

カンチャナブリーはバンコクからミニバンで2時間

kanchanaburi1
 
この日は友達からカンチャナブリーに住んでるファランからバイクを買ったんだけど一緒に取りに行かない?と誘いがあり、ちょうど暇していたので一緒に行くことに。
 

カンチャナブリーまでは、バスや電車などが出ていますが、今回は安全よりスピードを優先し乗合バス(ミニバン)で行くことにしました。ビクトリーモニュメントからだと120バーツ程で行けます。
 
乗り場は戦勝記念塔のロータリー周辺にミニバンがたくさん止まっているので聞けば教えてくれると思います。
 
⇒カンチャナブリーの基本情報はこちらからチェック

カンチャナブリーのバスターミナルからはバイタクでファラン宅へ

kanchanaburi2
 
カンチャナブリーのバスターミナルに到着したら近くにいるサイドカー付きのバイクタクシーに乗りファランの住む家に向かいました。値段は2人で70バーツ程。

 
kanchanaburi4
 
タイ人の彼女と一緒に住んでいると言う庭付きの一軒家、家賃1ヶ月3500バーツという安さに驚きつつ、バイクを受け取りそこから自由時間です。

ホテル探しは簡単?

kanchanaburi5
 
時間はまだ15時と早く、することもないのでホテルを探します。田舎なのでホテル探しが面倒だろうか?と思っていましたが、意外に多くあり今回はバービアやパブがたくさんあるMaenam Kwai Rd.と言う通りにある一階がカフェになっている700バーツのホテルに今回はしました。
 
kanchanaburi10
 
まだ出来て間もないのか綺麗な部屋です。WiFiも使えます。

カンチャナブリーといえばクウェー川鉄橋

kanchanaburi11
 
夜までだらだらしてもよかったんですが、「橋見に行こうぜ!」と友達が部屋にやってきたので、橋を見に行くことにした。いざ着いてみると中国や韓国の人達だらけで見るからに観光地です。写真だけ撮り、ホテルのあるMaenam Kwai Rd.に戻ります。

雰囲気は小パタヤ

kanchanaburi18
 
今までいた中国人達が嘘のようにいなくなり、今度はこの辺りに住んでいるのであろう年配のファラン達で賑わっています。ファランのおじいちゃん達が明るいうちからパブでビール片手に盛り上がっているのを見てると、ここはパタヤやカオサンかと錯覚する。
 
今回は友達のバイクで移動しましたが、この辺りに自転車やバイクをレンタルできるお店があります。ソンテウも走ってますが、いちいち乗るのは面倒だと思うので、レンタルした方が良さそうです。
 
kanchanaburi6
 
通りを歩いているといい香りが。お腹も減ってきたので、ピザで腹ごしらえ。値段はバンコクより少し安く、味もいける!
 
kanchanaburi7
 
食べ終わった頃には、日が沈み、先ほど見ていたぼろいお店にネオンがつき怪しい雰囲気になっていた。ただ時間的にまだ早いので、この近くにあるマッサージパーラーを覗きに行くことにします。

可愛い子がいるのはいいんだけど

kanchanaburi8
 
リバークワイホテルの敷地内にあるらしく、ホテルに向かいます。ホテルには着いたものの、どこにあるのかよく分からず、駐車場にいたおっちゃんに聞いてみると、ホテルの左にある建物がディスコで、マッサージパーラーはホテルの右側の奥にあるそうです。
 
kanchanaburi9
 

一目でそれとわかる外観。店内は広々としていて、入ってすぐひな壇があり、女の子がたくさんいます。サイドラインの女の子も入れると30人くらいいます。綺麗な子もいるのですが、値段が思っていたより安くないです。
 
安い子でも2000バーツ前半でバンコクとたいして変わりません。時間は90分だったと思います。わざわざカンチャナブリーまで来て遊ぶようなところではないような気が。それとも外国人価格なのか?
 
写真撮るの忘れたけど、この後近くのナイトマーケットにも行きました。バンコクにもあるような普通のマーケットでした。

のんびりとバービア

kanchanaburi16
 
Maenam Kwai Rd.周辺には小さなバービアやパブが何軒かあり、レゲエのライブをやってるお店もあります。ライブが見たかったのですが、友達があきらかに嫌がっていたので今回はパス。
 
kanchanaburi13
 
この日何軒か入ってみましたが、だいたいのお店にビリヤード台があり、無料で遊べるので女の子とお酒を飲みながらビリヤードをして時間をつぶしてもあり。もちろんお店の女の子はお持ち帰り可能です。
 
kanchanaburi14
 
しかしエアコンのあるお店は少なく、季節によってはちょっと疲れるかもしれません。

女の子達がいい子だ

kanchanaburi19
 
入ったお店が良かったのか、どこのお店も女の子やママさんの押しが強くなく、女の子達もいい子で友達の子供を連れてきて見せてくれたりして、ゆっくりと時間を過ごせました。やっぱ田舎はいいな!と再認識。
 
お店終わったらディスコ行く?と女の子達に誘われましたが、わざわざ田舎に来てまで騒がしい所に行く気にもなれず、おとなしく屋台でクイッティアオを食べて帰りました。

まとめ

カンチャナブリーはド田舎ではないので夜遊ぶ場所もあるし、ちゃんと自然や観光スポットもあります。たまにはのんびり小旅行にカンチャナブリーを候補に入れてもいいのではないでしょうか?
 
ブログを1つ作るのにも思った以上に時間がかかり、次回もできるか不安ですが、良ければ見てやってください。。。ではでは。

 

 
 

この記事を書いた人

icon
ぷにぷに編集部
ぷにぷに編集部です。タイがもっと好きになる夜遊びスポットや役立つ情報を発信中!