タイ【バンコク】の風俗情報ウェブマガジンぷにぷにタイランド。

2016.05.11 お店

【ゴーゴーバー】ナナプラザ・レインボー3の時代がやってきた!

rainbow3_01
 
ナナプラザの代表店ではあるレインボー系グループ。ただそのレインボー系のグループの1店ではあるのだが、いまだ一度もレインボー筆頭のバーと言われたことがないこのレインボー3。レインボーであってレインボーでない1店とまで言われていた時期もあった。そんなレインボー3の時代がとうとうやってきた? 

ナナプラザで日本人の絶大の人気を誇るレインボーグループ

古くからナナプラザで日本人受けするバー(可愛い子が多い)と言われているレインボーグループ。時代をさかのぼれば、レインボー2が全盛を迎えその後レインボー1そして今はレインボー4がその人気を集めている。
 
こうして日本人にとってはある意味レインボーの存在の大きさの移り変わりが、ナナプラザの大きな話題の一つと言う事は誰しも納得するところ。そして今レインボー3が良い!熱い!という声がかなり出てきている。とうとうレインボー3の時代の到来か?

自ら確かめに行ってみる!

rainbow3_02
 
そんな情報を元に筆者も自ら確かめに行ってみた。まずは見比べてとレインボー1へ。筆者もレインボー1が全盛と言われていた時このレインボー1にもよく通ったものだ。
 
確かにそれなりの子を見かけるのだが、かなり古い子(もう5年は軽く超えている子)などもチラホラ見れる。そんな子達がまだ一線で働いているレインボー1。大したものだとも言えるのだが、お客さんとしてはやはり新しい新たな時代を担う子の到来が欲しいもの。それを象徴するかのごとくお客さんも6割くらいの入り。

そしていざレインボー3へ

筆者としても今までのレインボー3の存在がそうさせてきたのかもしれないが、レインボー3はレインボーグループにあってただその存在は薄く一段二段下の存在として据えてきた。さて今回はどうか?まずお客さんの入り。確かに直前に行ったレインボー1よりも入っている8,9割の入り。かぶりつき席(ダンサーのすぐ下のカウンター席)した空いていなかったのでそこへ座る。
 
面子はそれなりのレベル。待機している子達の中では1級線の子のチラホラ。なるほど。これはひょっとしてひょっとするなとの印象。今後期待できるレベルでした。

レインボー3のシステム

■基本的にはレインボーグループの他店と一緒。通常のペイバー代(お店に払う連れ出し料金)が600B
 
■ショートのチップが2000B・2500B位~(容姿などによって値引きもあれば強気もあり)オールは4000B位~(女の子によってはショート専門の子もいる)
 
今までのレインボーの歴史を辿ると、擦れ擦れ嬢もいるだろうが(これは恐らくレインボー3でも一緒だと思う)ただその数は恐らくレインボー3が一番まだ少ないであろうとの予想はつく。

まとめ

なんだかんだと言いながらも日本人さらにゴーゴーバー好きな人にとっては欠かすことのできないナナプラザ。そのナナプラザを牽引し続けるこのレインボーグループ。その筆頭店の移り変わりはやはり敏感に察知しておきたいところ。
 
この流れでいくとレインボー3の筆頭も十分考えられると今回筆者も感じた。さらに循環するという意味でも、期待したいところ(よくも悪くもレインボーグループは女の子ありきな点などお店としての努力などがあまり感じられない歴史をもつ)
 
誰しもが知ってしまうとお客さんがまた大挙して押し寄せてくるので、よくなってきている!期待できる!と声が出てきている今はチャンス時。是非これを読んだ方、ナナプラザをまわる際のローテーションの1店にこのレインボー3を入れてみて欲しい。私も個人的に今後レインボー3に寄ることは多くなるだろう。
 

TukTuk
TukTuk
タイの夜を徘徊して早10年。今では人気店よりもよりローカル色が強いお店・場所を求めて徘徊している。容姿や年齢よりも、より楽しく付き合える子を日々模索中。 ■Twitterを見る

Twitterで最新情報をお届け!

  風俗ライター募集中