タイ【バンコク】の風俗情報ウェブマガジンぷにぷにタイランド。

2015.03.24 夜遊び

【ソンクラン】びしょ濡れ美女がいようとも嫌いな人は嫌い


ソンクラン
 
タイ全土が最も盛り上がり、連日各所で年々過激になっていく水の掛け合いが行われるソンクランという無差別攻撃合戦。

水鉄砲を片手にびしょ濡れになった女子が大はしゃぎ

夏になると制服が夏服になり、滲んだ汗で下着が透けるから夏が好き。などどとのたもうている日本男子は是非この時期タイに来られると良かろう。時期は毎年4月の中旬。そう、タイ・ソンクランが行われる時期だ。

ソンクラン中の夜遊びスポットの状況

この時期の夜遊びスポットはやはり通常の状態とはいえない。MPなど営業してはいても女の子はほとんど田舎に帰って居ないとか、過疎っていることであろう。
 
その代わりゴーゴーやカラオケは休業が多いものの、田舎に帰らなかったお店の娘が水掛けをやっている姿を見ることもできるであろう。
 
最も過激と誉れの高いカオサンはファラン(白人)の無慈悲な攻撃が繰り広げられる狂気の場となっており、シーロムエリアが人が密集し過ぎてエロいというよりもはやスポーティである。
 
ナナなどはセクシーな踊りが披露されているようであるが、ソイカウボーイであれ基本的に水の掛け合いなので結局笑いっぱなしで都合の良い本気エロ展開は望めずといった感じであろう。

嫌いな人は嫌いな祭りソンクラン

この無礼講祭りはあろうことか1週間近く続く。いったい飽きるということを知らないのであろうか。元は宗教的な意味合いで始まっており、僧侶からの有り難い水をかけてもらうのが、いつのまにやらこのような品性に欠ける無差別祭りになってしまったのだ。
 
もちろん嫌いな人も多く、そういった人々は早々とこの時期は海外脱出の予定をたてているのである。この時期タイを訪れる方で、通常通り営業しているお店で普通に飲んで女の子を連れて帰って、ということがしたい方、残念ながら諦めて時期をずらすしかないであろう。

まとめ

水を掛けられても怒ってはいけない。冗談ではない、見ず知らずの人間にいきなり水を掛けられ怒らない人間が果たしているであろうか。いるのである。であるから飽きもせず何日間も水を掛け合うのである。
 
ただ、このような仕打ちが嫌いな方でも、もしそれ以上にびしょ濡れの女性が見たいというエロい願望が勝った者だけが新たな境地に入ることが出来るであろう。

 

クインシー
クインシー
夜遊びは一晩でいくつもの年月を過して経験したことに匹敵するほどの瞬間を与えてくれる。その足がかりとなる情報を提供できたらと思います。

Twitterで最新情報をお届け!

  風俗ライター募集中